印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

最終更新日:2017年10月25日

■DIYで使用する小物について
単品では安価なDIY用小物でも一度に購入しますと数万円となります。また、小物が増えますと小物を保管する専用の物置が必要になります。
DIYではあると便利な小物が山ほどありますが、これからDIYを始められる方は必要最小限の小物だけを購入されては如何でしょうか。
代用できるものは代用品で、自作できるものは自作します。DIYでは不便な作業があたり前とお考えください。限られた道具を駆使し創意工夫して作品造りを楽しむのがDIYです。「DIY流」でも丈夫で綺麗なウッドデッキが作成できます。

■ウッドデッキ作成に必要な小物または代替え品

  • 丸のこ用定規は自作します。材料費600円。
    • 作成方法と使用方法は「電動工具」のページに記載しました。
    • 自作する丸のこ定規は既製品の代替え品ではありません。ご自分の丸のこに合った専用の定規です。使い勝手が良く、保管場所もとらず材料費は約600円。
  • 巻尺(作成するデッキに合わせ購入します)。
    • ご家庭にある巻尺で代用できます。
    • 新規に購入される時は、長さは5m程度のものを購入します。
  • 水平器(根太の水平を出すために必要です)。
    • 代替え品も考えられますが、作業性や精度を考慮しますと購入される事をお勧めいたします。
    • 水平器は長い程、精度の高い水平が測定できますが長い程高額となります。長さ50cm程度であれば2000円位で購入可能でき精度も悪くありません。精度を調べるには、高額な水平器と購入予定の水平器で同じ場所を測定し同じ測定結果となるかを調べます。
  • くさび(根太の水平を出すため、くさびで根太の高さを微調整します)
    • プロやDIY熟練者は根太の水平を出すためにくさびは必要としませんが、DIYを楽しむには何事にもコダワリが必要です。水平にコダワリたいのでここではくさびを使用します。
    • 材料は丸のこ用定規作成で使用した厚み3mmの合板の端材を使用します。参考サイズは5cmX10cmの長方形を対角線状にカットし三角形(くさび)にします。くさびはデッキ完成後には不要となりますので安価な材料で最小必要数作成します(4枚あれば足ります)。
  • 作業台(塗装する時、木材をカットする時に使用)。代替え品を探しましょう。
    • 作業台を使用しない時は、塗装も木材カットも地面または芝生の上での作業となります。腰の高さ位の作業台を使用しますと快適な作業ができます。
    • 脚立や踏み台またはコンテナボックスなど代用できるものは多くあります。
    • 市販されている作業台は、使用しない時には折りたたんで収納できる物がありますので収納スペースと予算がある時には購入することをお勧めいたします。価格は自作する費用より多少割高となります。
  • ゴム手袋・ぼろ布(塗装する時に使用します)
    • 家庭用ゴム手袋で十分です。なるべく長めの手袋を使用します。
    • DIYウッドデッキでは油性塗料を推奨いたします。刷毛は使用しません。塗装用のぼろ布と拭き取り用のぼろ布が必要です。下着、Tシャツ、Yシャツ、シーツなどの素材が適材です(タオル地は不敵です)。
    • 尚、塗装作業では前掛けをしますと作業ズボン(特に腰のあたり)を汚すことが防げます。
    • 余った塗料は専用の塗料保存ボトルに移し替えます。価格は大きさにより異なりますが、100円から300円程度です。
  • その他必要なもの
    • 鉛筆(HB、B、2Bなど)、糸と画鋲(墨糸の代用、水糸の代用)
    • デジカメ、携帯電話のカメラなど(作業風景や完成後の写真を記録します)