印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

最終更新日:2017年09月24日


丸のこ用定規は、丸のこに合ったモノを自作します。
合板カットを考慮しますと30cm、50cm、100cmの丸のこ定規が有ると便利です。
先ずは、丸のこ定規の使用方法や必要理由を説明いたします。

■丸のこ定規の使い方、精度の高い切断について
電動丸のこは切断線を切るのではなく、切断線に合わせた定規に従って切断する。丸のこ定規の使いか方・木材の切断方法

  • 木材の切断方法は、切断する個所に線を引き、切断線に丸のこ用定規を合わせ、定規に従って切断します。切断中はおが屑で切断線は見えなくなりますので、切断線は定規をあてるための線となります。
  • ①切断する長さ(個所)に切断線を引きます。
  • ②切り落とす木材を右側にし、丸のこ定規の端を切断線に揃えて置きます。
  • ③丸のこ定規を左手で抑え、丸のこを定規に沿わせながら切断します。
    • (注意1)丸のこの歯の厚み(のこ道)は約2mmありますので切断後の長さがのこ道分(2mm)長かったり短くなったりすることがあります。長さを正確に切断するためには右図②のように切り落とす側を常に右側にくるようにします。使用する長さが短く定規が置けない場合は、使用する木材を右側に置き、丸のこの歯の右端を切断線に合わせその位置で定規をセットしてから切断します。
    • (注意2)丸のこではのこ道以下(2mm以下)の長さを切り落とすことはできません。例えば切断後の長さが2mm長かったため2mm切り落とそうとすると、切り口(木口)が綺麗に揃いません。ウッドデッキ作成では幕板の長さとデッキ床板の長さは精度が要求されますので、前工程の束材の切断や根太材の切断で長さ精度の高い切断を練習して下さい。

■丸のこ用定規を自作する
電動丸のこ用定規は厚さ3mmのべニア板で丸のこに合った定規を自作します。購入された丸のこに合った定規を自作します。
 製作費は600円

  • 丸のこを購入しましたら購入した丸のこのあった定規を作成します。既に市販の丸のこ定規をお持ちの方も「丸のこ用定規の自作」をお勧めいたします。
  • ①ホームセンターで厚み3㎜のべニア板(3x6版、耐水性)を1枚購入し、ホームセンターで合板を幅300mmと150mmににカットしてもらいます(長さは1820mm)。次に作成する定規の長さに従い長さをカットします。定規の長さは1500mmと300mm、または1000mmと500mmと300mmなどの組合せが汎用性があります。
  • ②べニア板150mmの片面に木工ボンドを塗り、同じ長さの幅300mmのべニアに圧着(木材などを重しとする)し、6時間以上養生します。木工ボンドは水で2倍(ボンドと同量の水)に薄めると塗りやすくなりボンドの厚みも均等になります。
  • ③丸のこの台を150mmのべニアに軽く押しつけながら300mmのべニアの余分な長さを切り落とします。
  • ④これで購入した丸のこ専用の定規が2種類または3種類出来上がりました。