印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

最終更新日:2017年09月24日

油性塗料の塗り方を画像と説明文
(作業台を作成し、作業台の上で塗装します)

塗装道具と作業台(ウマ)の作成

塗装道具


画像の左側から塗装道具の説明をします。
①合板(作業場所の塗料による汚れを防止するため)
②ウマ(DIYでは収納できる折りたたみ式を推奨)
③塗料用バケツ(適度な固さと大きさが必要)
④ローラー刷毛のローラー(握っていて疲れない太さ、長さは塗装する材幅より大きめ)
⑤ゴム手袋(画像は薄手ゴム手袋だが、厚手で少し大きめが疲れない)
⑥塗料(撹拌しやすい丸缶入り塗料がお勧め)


作業台(ウマ)の作成と使い方

画像はウマ2組の上に梱包されたJ-DECKを解梱するところ。作業台をウマと呼びます。四つ足で作業に役立つため「ウマ」、ライオンやキリンとは呼びません。
①ウマの足は、安価なSPFまたはホワイトウッド2x4(38x89)。
②ウマの高さは、作業しやすい腰骨の高さが目安。
③ウマの背の長さは、作業の目的により異なる。塗装であれば6feet(1.8m)以上あれば作業がはかどる。
④ウマの背の木材は、曲がりの少ない材を推奨。写真の背はサーモウッド。
⑤ウマとウマの間隔は作業しやすい幅とする。写真は3.9m材をウマに乗せ梱包を解梱するところ。


塗料は塗り過ぎず、むらなく、全面塗装する

塗装:デッキ材とフェンス材では塗装の注意点が異なります。

デッキ材やフェンス材の塗装共通事項は次の通りです。
①ローラー刷毛を手で握り塗る。ローラーには少量の塗料を付ける(写真参照)。ビショビショに付けては駄目。
②写真の材は幅140mm長さ3.9m、1面塗装で2回ローラーに塗料を付ける程度の塗布量。
③左端から右端へ塗装したら、塗装むらを拭き取る目的でローラーを右から左へ「スーッ」と移動させる。
④上記①②③を木材の4面を塗装する。
⑤木裏は柾目中心で塗りムラが少ない。木表は板目と柾目が混在するため塗装の濃淡(濃:柾目、淡:板目)が発生しますので、塗装の濃淡が無くなるまで塗装します。


デッキ材塗装の注意点。
①塗装では、塗装している材面に隣接する材面に必ず液だれが付きます。
②デッキ床板では、施工後に見える材面(木表または木裏)の液だれを拭き取って塗装は完了。
③幕板では、長辺1面と単辺1面に液だれがあれば拭き取る。
③根太や束は、施工後見えるものだけ液だれを拭き取る。


フェンス材塗装の注意点。
①フェンス材は、4材面全てが見えるため全ての材面の液だれを拭き取る。
②液だれの拭き取りは、塗装に使用していないローラーやぼろ布(ウエス)を使用する。


床材や外装木材の塗装注意点。
①実加工がある床材や外装木材は実も塗装する。
②施工後見える面だけ塗装するのは厳禁。片面塗装では、塗装している材面がカップする。
無塗装では一般的な木材は木表側にカップし、片面塗装では塗装面側にカップします。
注)カップ(カッピング)の説明は、サイト内のどこかに「木表反り」などで図解しています。


塗装道具と作業台(ウマ)の作成

塗装済み材の仮養生はウマの上で

4面塗装したらウマの上で仮養生します。
①塗装では、ウマの背の長さは塗装の仮養生を考慮した長さとします。
②仮養生は塗装済み材を立てて、風通しを良くするため隙間をあけて並べます。
③塗装本数が少ない場合は、このまま半日から1晩放置すると養生は完了。
④塗装本数が多く、ウマの上に並びきれない時は1時間ほど仮養生し塗料が手に付かないことを確認しウマから降ろし塗装済み材を重ねて養生します。
⑤塗料が完全に乾いていない状態でウマから塗装済み材を降ろす時は、ズボンやシャツに塗料が付着することがありますので注意。私は塗装作業中は造り酒屋の名前が書いてある厚手の前掛けを絞めています。この前掛けが私の唯一の作業服です。


以上、塗装でご不明な点はご質問ください。