ウッドデッキ自作はDIY入門の最適な教材です。

まとめ買いキャンペーン



ご覧のページ:HOME

休業日のお知らせ
夏休み:2016年8月11日(木)から16日(火)まで。→8月17日(水)通常営業に戻りました。
臨時休業:2016年9月24日(土)から29日(木)まで。9月30日(金)から通常営業。
上記休業期間中は納入を含め全ての業務を休止させていただきます。

建築士様、施工業者様等プロの方へのお知らせ

当サイトは、ご購入者の約9割がプロの方となっています。
プロの方からは、特注サイズや追加加工などのご要請が散見されます。
そのため、プロの方のご要請に応えるため新サイトを作成しました。
新サイトのタイトルは「Thermowood Plus」、サイトURLは下記となります。
URL: http://www.thermowood.biz/LinkIcon

2016年4月20日にプロ向け新サイト完成のため、
当サイトはDIYを楽しんでいただける内容とします。
そして木材や木質建材などの知識を高めていただける内容で掲載いたします。
引続きよろしくお願いいたします。

What's New

新コーナー「その他のDIY」のお知らせ

当サイトは、DIYの入門編として「ウッドデッキ作成」を説明しています。

当サイト2010年作成時の目的は下記の2項目としました。
①「サーモウッドの普及」
サーモウッドは2001年に「環境に一番優しい外構木材」として商業生産が開始され、小職も2001年からサーモウッドを普及させるための活動をしてきました。お陰様で黎明期を脱した感がありますので、目的は達したと思われます。
②「DIY(日曜大工)の普及」と「エンドユーザー様への木材の正しい基礎知識」
今の日本では日曜大工を含めDIYを楽しむ方は減少の一途と思われます。我が木材業界で働く仲間(流通の川上)でも日曜大工をする者は僅かしかいません。
DIYは文化で親から子に継承されなければ廃れる一方となります。私は木材と日曜大工のアドバイスしかできませんが、何とかDIYの文化を守りたいと思っています。

「その他のDIY」では、ウッドデッキ以外のアドバイスをしています

先ずは、ゴールデンウィーク(2016年)で、屋外用テーブルと椅子を自作しますので、「テーブルと椅子」の説明から開始することにします。椅子は常設ではなく、濡れ縁(縁台)を代用する予定です。

物置、フェンス、書棚など多くの自作経験がありますので、「その他のDIY」コーナーに掲載されていない工作物は、電話・Eメールなどでお問合せ下さい。

 

2016.05.11
「その他のDIY」に屋外で使用するテーブルと椅子を掲載しました。
2016.04.20
当サイトから法人様向け掲載内容を別のサイト( www.thermowood.biz )に引越しました。
当サイトは、サイトの目的でもあるサーモウッドを使用したDIY専用のサイトにグレードアップいたします。
2015.07.09
サーモウッドの配送業者を2社体制とし、送料の値下げを実施いたします。
長さ3900mm材の配送できない地区を大幅に改善いたします。
(記載内容の削除)
この間のWhat's Newを削除いたしました。
2010.04.01
サーモウッド普及のため当該サイトをアップいたしました。

ウッドデッキ自作はDIY入門の最適な教材です

日本で最初のサーモウッドJ-DECK製自作ウッドデッキ(2006年8月)。ウッドデッキはDIYが初めての方でも作成できます。
一番大切なことは「ウッドデッキを自作するぞ!」などの強い意志を持つことです。
ウッドデッキが作成できれば、フェンスや濡れ縁そして物置も作成できるようになるかもしれません。
DIY(日曜大工)では、木材の基礎知識電動工具の使い方図面作成手順ウッドデッキなどの製作手順(綺麗に仕上げる工夫)、ビスの選び方などの知識が必要となりますが、ウッドデッキ作成ではこれらのことが楽しく学べます。

このサイトで説明しているウッドデッキ作成方法では、サーモウッドデッキ材の使用を前提にしています。
サーモウッドは、加工しやすくだけではなく10年経っても狂わない寸法安定性が高いデッキ材です。サーモウッドの特長を考慮してデッキ床板はビス1本で各根太にビス留めする説明をしています。


一般的なデッキ材ではデッキ床板は2本のビスで各根太に固定しますが、床板を2本のビスで根太に固定したため床板には大きな割れが発生します。
一般的なデッキ材では、床板を1本のビスで根太に固定することはお勧めできません。

サーモウッドデッキ材サイズは当店オリジナルサイズ33x95x3900mmを使用しています。
サーモウッドを日本で普及させるため、フィンランドのサーモウッド大手2社と日本向けデッキ材サイズとして2003年に開発し商品名は「サーモウッドJ-DECK」といたしました。エンドユーザー様向け販売は2010年4月から開始いたしました。
「サーモウッドJ-DECK」のサイズ33x95x3900mmは、デッキに必要な各部材の共通サイズです。

木材サイズの共通化について
ウッドデッキに限らず、使用する木材サイズを共通化しますと無駄なく適材適所に使用できます。
サーモウッドJ-DECK(33x95x3900mm)は、デッキ材の束・根太・床板・幕板などの共通サイズとなっています。
お好みにより他のサイズ(33x140mmなど)を併用することも可能です。

ウッドデッキ作成とサーモウッド説明と販売

ウッドデッキを自作する

ウッドデッキ自作の説明はこちら
図面は完成図から作成し束石伏図で完了、デッキの大きさと高さはしっかりと押さえば図面は手書きでもOK。
デッキ材の必要数を把握(木拾い)し、数本の予備材を加え発注数とする。
購入したデッキ材は各部材の用途に合わせ適材適所に使用する。
デッキ組立て手順はDIY流で・・・、プロと同じ手順で作成しない。

ウッドデッキ作成のポイント集

作成のポイント集はこちら
床板たわみ量の計算式(根太間隔を決める)、
塗装方法(塗装は作業台ウマの上で、失敗しない塗装方法)、
電動工具と小物(プロ用はプロになってから)
丸のこ定規は自作する(斜めカットでは必需品)、
デッキ材の必要条件別評価(サーモウッドが最高得点)、
などを説明しています。

サーモウッドとは

サーモウッドの説明はこちら
「環境に一番優しい外構用木材(屋外で使用する木材)」が、サーモウッド開発の目的です。薬剤も媒体ガスも不使用、森林認証材を使用。
特筆すべき特徴は「10年経っても狂わない外構木材」です。
サーモウッドを取り扱うサイトが増えてきましたが、誤った説明が散見されます。後日、これらの誤りを指摘いたします。

取扱い商品一覧

サーモウッドとビスの販売はこちら
「サーモウッドJ-DECK」:33x95x3900mm
デッキ材とフェンス材:33x140、33x160、25x90、他
外装木材(国内加工):少量短納期対応、
外装木材(欧州加工):数量納期はお問合せ下さい
推奨ステンレス製ビス各種:材厚に合った半ネジビスを使用
などの説明と販売。

木材の基礎知識(DIYで失敗しないために)

木材の基礎知識

DIYに役立つ木材の説明はこちら
このサイトの目的はサーモウッドの普及木材の普及です。
木材普及のため「木材の基礎知識」コーナーを開設しています。DIYerの方でも最低限の木材の知識は必要です。
木材製材品はには、曲がる・ねじれる・割れるなどの欠点があり、これらの欠点を軽減するため「木材は十分に乾燥した製材品を使用する」ことが重要です。
「木材の基礎知識」では、乾燥材、板目と柾目、木表と木裏などの説明をいたします。
ご質問にもお応えしておりますので、お気軽にお問合せしてください。

「木材は木表に反る」は正しい知識ですが、サーモウッドは木裏に反ります。何故でしょう・・・